1. 県産品情報

  2. 阿波ふうどスペシャリスト

  3. バイヤーの方々へ

  4. 生産者の方々へ

流通改善対策 生産振興対策 販路拡大対策 コラム ニュース

阿波市「産直野菜」販売拡大に向けたテストマーケティングについて

県内有数の野菜産地である「阿波市」では、最盛期を迎えた多種多様な青果物が生産・販売されております。 首都圏での県産品ブランディングを担う拠点施設「ターンテーブル」、県下トップクラスの販売量を誇る産直市「JA夢市場」、県産農産物の生産・流通・販売を総合支援する「とくしまブランド推進機構」では、3者の連携により、「首都圏での阿波市産青果物の販売拡大」に取り組んでおります。 今回は「JA夢市場」の産直野菜・果実30品目(約200kg)を、徳島阿波おどり空港より空輸して、ターンテーブル(マルシェ)においてテスト販売を実施しました。 ランチ利用のお客様に好評で、今後も「阿波市の新鮮野菜」として、マルシェでのPR販売及びレストランの料理メニューとして展開していきます。

(マルシェでのテスト販売)

(ランチブッフェメニューでPR!)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。