1. 県産品応援キャンペーン

  2. 県産品情報

  3. 阿波ふうどスペシャリスト

  4. バイヤーの方々へ

  5. 生産者の方々へ

消費者向け ニュース

極上の阿波牛を、リーズナブルに食卓へ / 阿波牛の匠 のべ

徳島には『阿波畜産ブランド』と呼ばれる3つの肉があります。
阿波尾鶏、阿波とん豚、そして阿波牛。
中でも阿波牛は、高級なブランド肉として知られています。
そんな阿波牛の良い肉を安く買える、と人気のお肉屋さんがあります。

阿波牛の匠 のべ

それがこちら、『阿波牛の匠 のべ』です。
一般への小売の人気はもちろん、様々な飲食店が『のべ』の肉を求めて仕入れるなど、その品質は折り紙付き。
「日本農業賞全国第一位大賞」など、数々の賞も受賞しています。

店内にはズラッと阿波牛の肉が並びます。
先述した通り、『のべ』の人気の理由は「良い肉を安く買える」こと。
つまり、お値段以上の肉の品質です。
その秘密はこちら。

実は『のべ』は阿波牛を育てる牧場の直営ショップなのです。
阿波牛の肥育から販売までを自社で行っているから、無駄な中間コストがなく、極上の肉ながらリーズナブルな価格で提供することができています。

純粋な肉の美味しさを追求すること

そんな『のべ』の肉のこだわりは、「純粋な肉の美味しさを追求すること」だと社長の延さんは言います。

「うちでは品評会に出すような綺麗なサシがいっぱい入った肉は目指していないんですよ。脂じゃなくて、純粋に肉の美味しさを味わってもらえる肉質になっていると思います。そのために、牧場はできるだけ静かでストレスのない場所に。もちろん、水や餌も大事です。那賀川の澄んだ地下水に、長年研究したブレンド餌。贅沢な環境で、なにより愛情をかけて牛を育てています」

また、のべ牧場ではメスの牛だけを育てているのだとか。
もちろん、それも『のべ』が目指す肉質のため。
通常、オス牛の方が綺麗なサシが入りやすく見た目は美しい肉になりますが、肉質はメス牛の方が優れているのだそうです。

見た目よりも肉質にこだわる『のべ』の阿波牛は、黒毛和牛本来の美味しさが味わえるので、味付けは塩や胡椒など、シンプルな薄味がおすすめ。

また、あまり火を通しすぎずにレアな焼き加減でいただくと、赤身の美味しさをより楽しめます。
『のべ』では阿波牛の様々なお肉を販売していますので、是非チェックしてみてくださいね。

商品のお取り寄せや詳細情報は下記サイトから


阿波牛の匠 のべ ホームページ(オンラインショップあり)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。