1. 県産品情報

  2. 阿波ふうどスペシャリスト

  3. バイヤーの方々へ

  4. 生産者の方々へ

消費者向け 日常

徳島産「鱧」

2020年6月10日(水)

徳島産「鱧」

皆さんの「鱧」のイメージってどんなものなのでしょうか?私は京都祇園祭のニュースでよく見聞きする「鱧の湯引き」の素材という認識でした。今でも、わざわざ購入して食べる機会は少ない魚のひとつだと思います。

「鱧」は小骨がものすごく多いので、下処理として骨切りという作業が必要になります。これがなかなか素人では難しい作業になります。ありがたいことに今は、骨切り済みの半加工状態で販売されています。もちろん「はもの湯引き」として調理済みで販売されているものもあります。白身で淡白な味のため「鱧」は意外といろんな料理にして食べることができます。フライ、天ぷら、みそ汁、湯引き、かば焼きなどぜひ味わっていただきたいと思います。

そんな「鱧」はウナギの仲間になります。ウナギと同じくビタミンB群をはじめとする栄養がたっぷりあり、暑気払いにおすすめの魚です。特に梅雨の水を飲んで成長した「鱧」は絶品です。6月から7月に旬を迎える「鱧」をぜひもっと多くの人に知ってもらいたいと思います。生命力が強く、栄養も豊富な「鱧」は夏の贈り物として最適ではないでしょうか。なかなか自分で購入して食べる機会のない魚だからこそ夏の贈り物としておすすめします。

tyyhaha

外では真面目なしっかり者風。実は、あわてんぼうでおちょこちょいの忘れん坊。そんな私は3人の子供の母です。3人3様個性的な我が子たちが面白い。とくに末っ子は「天真爛漫」毎日楽しく過ごしてます。育ち盛りの子供たちのお陰で料理することが楽しくなりました。徳島は野菜も魚も新鮮で美味しいものがたくさんあるのがうれしい。なんでもチャレンジ!なんとかなる。この気持ちで頑張ってます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 子供たちがご飯をモリモリ食べる、春キャベツとハ…

  2. 食感と磯の風味が抜群!徳島の鳴門わかめ

  3. 徳島の漁師がお勧めする漁師飯パート2 、一度は…

  4. 徳島県産「春にんじん」の美味しさに隠された秘密…