1. 県産品情報

  2. 阿波ふうどスペシャリスト

  3. バイヤーの方々へ

  4. 生産者の方々へ

イベント情報 消費者向け

「Tokushima Flower Festival 2023」に行ってみた!

徳島県産のお花が見られるイベントがあるということで、クリスマスに「道の駅くるくるなると」に行ってきました!

2階の展示会場へ!

ガーベラやポインセチア、シンビジウムなど7種類の花が展示されている
徳島の花が豪華に展示されていました!

くるくるなると2階の展示会場を訪れると、徳島県で生産されたシンビジウムやポインセチアなど7種類の花が豪華に展示されていました。どの花もとても素敵だったのですが、今回は私が特に印象的だと感じたお花をいくつか紹介します。

ポインセチアとガーベラの花
冬を感じるポインセチア

ポインセチアを見ると、「あぁ、冬が来たな」って感じます。私が展示を見に行った日は、クリスマスだったので、真っ赤な葉がムード満点でした。ポインセチアが栽培されている小松島市は、国内有数の産地だそうですよ。

オリエンタルユリ
長く楽しめるオリエンタルユリ

県内では、徳島市で生産が盛んにおこなわれているそうです。白い大輪を咲かせていたオリエンタルユリは出荷期間が10月~7月。長く楽しめるのも魅力の一つですね。

黄金ヒバ
クリスマスらしさを感じるアレンジの黄金ヒバ

黄金ヒバは正式名を「オウゴンクジャクヒバ」と言うそうです。私は今回の展示を見るまで知らなかったのですが、中山間地域を中心に生産されているそうです。葉の濃い緑と金色のグラデーションがとても印象的。赤い花や白い飾りとマッチし、冬らしさ・クリスマスらしさを感じるアレンジメントが素敵でした。

シンビジウム
全国一を誇るシンビジウム

ハリがありイキイキとしたシンビジウムが展示されていました。実は、徳島で生産されている切り花のシンビジウムは、県内の花き生産額の約4割を占め、全国一の産地なのだそう。開店、開業、誕生日などお祝いの席にぴったりのシンビジウムを贈る際は、ぜひ徳島産のものを選んで欲しいですね。

とくしま花きマップ
徳 島県内では様々な花が生産されています!

会場には徳島で生産されている花のマップも紹介されていました。私の地元、北島町では春になるとチューリップが親しまれているのは知っていましたが、それ以外にもこんなにたくさんの花が栽培されているなんて驚きでした。地元や近隣の市町村でどんな花が栽培されているのかを調べるのも面白いですね。

Tokushima Flower Festival 2023 はまだまだ続きます!

「Tokushima Flower Festival 2023」チラシはこちらhttps://www.pref.tokushima.lg.jp/file/attachment/900303.pdf

徳島県産のお花の展示は、2024年2月にJR徳島駅でも行う予定です。また、1月末には徳島県立21世紀館で「とくしま花まつり」を開催予定。どちらも無料なので、皆さんもこの機会に徳島の花を堪能してみてはいかがでしょう?

「Tokushima Flower Festival 2023」と「とくしま花まつり」の開催についてはこちらhttps://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/sangyo/nogyo/7220501/

Touch

徳島県出身、在住。
雑誌制作やテレビ・ラジオのディレクターなどの仕事をやっていました。徳島の素敵なモノ、人、場所と出会うのが大好き。おでかけも大好き。徳島のおいしいもの、すばらしいものをお伝えしていきたいです。

関連記事

最近の記事

  1. おすすめ!ブロッコリーの茎の塩麹漬け

  2. 鳴門わかめでわかめたっぷり定食を作ってみた

  3. 徳島県産ほうれんそうで作る、簡単一品料理

  4. 徳島県産のほうれんそうを使った栄養満点卵焼き