1. 県産品情報

  2. 阿波ふうどスペシャリスト

  3. バイヤーの方々へ

  4. 生産者の方々へ

消費者向け ニュース

世界農業遺産にし阿波ブランドの雑穀を使ったお料理に挑戦!

そば米、粟、はだか麦、たかきび…

雑穀って気になるけど、ハードルが高くて使う機会がないですよね。

今回、「世界農業遺産にし阿波ブランド」の雑穀を使った、ワークショップに参加したので、紹介します。

一度に炊いて冷凍するのがコツ

それぞれの雑穀で、水加減は多少異なりますが、だいたい1カップに対して2~3倍の水で、炊きます。

①沸騰するまでは強火
②沸騰したら弱火で20分程度
③炊けたら必ず10分蒸らす
④蒸らし終わったら、木べらで大きく返して風を入れる。が基本形です。

一度に炊いて、薄く広げ小分けにして冷凍するのが、いつでも使えるコツです。

基本を押さえれば手軽に使える雑穀たち

メニューは、雑穀ごはん(粟、はだか麦)、そば米雑炊(そば米)、雑穀ハンバーグ(たかきび)、藍入りふし麺サラダ(もち麦)、人参ラペ(そば米)、ごうしゅ芋のバジルソース(こきび)、菊芋の炒め物(そば米)と、沢山の物を。すべてに、下ごしらえした雑穀が入っています。

雑穀は柔らかく炊いてあるので、混ぜたり和えたりするだけで使う事ができ、いつもと違った食感が楽しめます。モチモチ、プチプチ、プリプリとそれぞれの歯触りがあり、味にクセは無く、優しい出汁、マヨネーズ、甘酢、バジル、甘辛醤油、どの料理にも馴染みます。

そのうえ食べ応えがあり、腹持ちが良くてびっくりしました。

藍入りふし麺、ごうしゅ芋、菊芋も「世界農業遺産にし阿波ブランド」の商品でした。

これならイメージしていたより、簡単に雑穀を使えそう!

ミネラル類、食物繊維、ポリフェノールが豊富な雑穀たちを、日常の料理にちょっとプラスして使いたいですね♪

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。