1. 県産品情報

  2. 阿波ふうどスペシャリスト

  3. バイヤーの方々へ

  4. 生産者の方々へ

消費者向け 日常 レシピ

私のおすすめ、ほうれんそう一束を食べるスープ

おひたし、炒め物、お鍋などに和洋中問わず活躍してくれる、ほうれんそう。

ほうれんそう

葉物野菜は新鮮さが命!地元野菜を買うべし

ほうれんそうは徳島県内でも多く栽培されていて、一年中出荷されています。畑から売り場まで短時間で運ばれる地元野菜の良さは、何より新鮮なこと!鮮やかな濃緑色と肉厚な葉が特徴です。

私おすすめの、ほうれんそう一束の使い方

ほうれんそうって一束を使いきれず残ってしまうことって、ありませんか?幼児含む3人家族の我が家では、中途半端に残ってしまうことが多くあり、悩みの種でした。

今はこれから紹介する方法のどちらかで、ほうれんそう一束を使うことが多いです。

一つ目が活用可能な常備菜にする方法。
別のオイル和えのレシピで読んだことがあるのですが、油で表面がコーティングされることで野菜の水分や旨みが逃げ出しにくくなるのだそうですよ。リンクはこちら。

ほうれんそうのオリーブオイル和え https://mayukitchen.com/spinach-with-olive-oil/

二つ目がほうれんそうのくたくたスープ。これは本当におすすめ!

ほうれんそうのくたくたスープ

ほうれんそうのくたくたスープ

ほうれんそうのくたくたスープ https://thewonder.it/article/401/description/#midashi4

こんなに滋味深いスープが簡単に自分で作れちゃうのかと、目から鱗のレシピです。私はこれをきっかけに、レシピ作者のスープ作家さんにはまってしまい、本をいくつかサブスクで借りちゃいました。

ちなみに冬場のほうれんそうは、より栄養と旨味が凝縮されているのだそうよ。ぜひ食卓で、徳島県産ほうれんそうをご利用ください。

ひとじゃが

徳島へ来て2年。家庭菜園歴1年ちょっと、子育てで半年ブランク有りだか復活を思案中。最近は、ほとんどグリル料理かスープ。出没ポイントは、乗り物カートの有るショッピングセンター、産直市。幼児デビューした1児の母。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 子供たちがご飯をモリモリ食べる、春キャベツとハ…

  2. 食感と磯の風味が抜群!徳島の鳴門わかめ

  3. 徳島の漁師がお勧めする漁師飯パート2 、一度は…

  4. 徳島県産「春にんじん」の美味しさに隠された秘密…