1. 県産品情報

  2. 阿波ふうどスペシャリスト

  3. バイヤーの方々へ

  4. 生産者の方々へ

消費者向け 日常 レシピ

外はカリッ中はとろとろ、里芋ボールの揚げびたしで秋の深まりを感じよう

2020年11月10日(火)

なんとなく地味な存在の里芋

じゃがいもやさつまいもに比べると出回る時期が少なく、山芋のようにそのまま食べることもない。里芋って芋の中でも地味な存在だと思いませんか?

私も里芋料理といえば煮物ぐらいしか思いつかず、特に好きでも嫌いでもない、食卓にあれば食べるかな…という存在。

でもこの料理に出会ってから、里芋の季節が楽しみになりました。
【簡単!!】おすすめ*揚げだし里芋

茹でた里芋を潰して丸め、片栗粉をつけて揚げた後にめんつゆに浸す。
これだけの工程ですが、里芋料理には皮むきという少し面倒くさい作業がありますよね。

皮むきのハードルが高い里芋料理を簡単に

里芋の皮は、地道に包丁を使うのが一般的。皮は硬くて芋がぬるぬるするので、皮むき器を使う他の芋よりは皮むきのハードルが高いイメージ。

こちらのレシピでは電子レンジを使って皮むきをしていますが、私は皮つきのまま鍋で茹でています。火が通ると、つるんと簡単に皮がむけますよ。

里芋ボールの揚げびたし1

揚げたての里芋ボールは、外はカリッと、中はとろとろ(ほくほくの場合もあります)でめんつゆと相性ぴったり。わが家の子ども達も、何度もおかわりします。

里芋ボールの揚げびたし2

徳島産の里芋がお店に並ぶと、秋が深まってきたなあと感じます。
色々な旬の食材を使って、まだまだ食欲の秋を楽しみましょう!

am

パンにお好み焼きにうどん、粉もんを愛する2児の母。
自分の時間が少しできたので、フィルムカメラのNATURA CLASSICAでまた写真を撮っていきたいなと思案中。
ブロガーとして記事も書きますが、こちらのブログのディレクションもしています。
皆様からのコメントにも私からお返事させてもらいますので、どうぞよろしくお願いします!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。