1. 県産品応援キャンペーン

  2. 県産品情報

  3. 阿波ふうどスペシャリスト

  4. バイヤーの方々へ

  5. 生産者の方々へ

販路拡大対策 生産者向け ニュース

「とくしま輸出バリューチェーン構築強化事業」の募集について

とくしまブランド推進機構では,県内の生産者や事業者による「とくしまブランド」の輸出による海外展開を促進するため,補助事業を実施します。つきましては,補助対象事業者の募集を行いますので,お知らせします。

1 事業の目的

とくしま輸出バリューチェーン構築強化事業は,「とくしまブランド」の「初期輸出」,「輸出の定着化・連携」,「ハラール対応」,「6次化商品等の輸出」,「食インフラの海外展開」,「輸出環境の整備」,「国際的認証資格の取得」といった生産者又は事業者が抱える課題解決を支援することで,輸出による海外展開を促進することを目的とします。

※「とくしまブランド」とは,本県の農林水産業者又は農林水産関係団体が供給する食料その他の農林水産物及び当該農林水産物を主な原料として県内で生産された加工品であって,安全性が確保されていること,安心して消費できること,高品質であること,新鮮であること等の特性により消費者に信頼感等を与えるものをいいます。(徳島県食料・農林水産業・農山漁村基本条例第2条第1項第4号)

2 対象とする事業

  • 対象事業

【初期輸出型】

初期輸出における課題の解決方法等を調査・検証する等の輸出拡大の取組みのモデルとなり得る事業であること。

【輸出定着・連携型】

輸出定着化や事業者間連携・複合品目の混載輸送を促進することによる,更なる販路の開拓のための取組みであること。

【ハラール対応型】

ハラールの認証及び県内での普及拡大に対応できる取組みであること。

【6次化商品等輸出型】

6次化商品の輸出にチャレンジする事業者や,市場の拡大が狙える畜産物の輸出への取組みであること。

【食インフラ海外展開型】

海外での販売拡大を狙った,現地での「販売拠点等の整備」や「生産拠点等の整備」を図る取組みであること。

【輸出環境整備型】

物流の高品質化や効率化を実現すべく最適な輸送方法や技術等を実証・確立するための取組みであること。

【国際的認証資格取得型】

国際的に通用する認証(ISO22000等)や他国産との差別化が図られる規格認証(有機JAS認証等)を取得するための取組みであること。

  • 対象事業者

県内に住所又は事業所を有する生産者又は事業者等を補助の対象とします。

※対象とする事業,事業者及び対象経費等の詳細については,「とくしま輸出バリューチェーン構築強化事業実施要領」別表をご覧ください。

3 応募方法

詳細は、以下、公益財団法人徳島県農業開発公社のホームページを参照ください。

http://www.tokushima-kousha.jp/docs/

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。