1. 県産品応援キャンペーン

  2. 県産品情報

  3. 阿波ふうどスペシャリスト

  4. バイヤーの方々へ

  5. 生産者の方々へ

生産振興対策 生産者向け

県特産品「貯蔵みかん」の出荷間近です!

普通みかんがケースに入った写真です。
出荷中の普通みかん

徳島県では、みかん861ha(H27果樹統計)が栽培されています。
みかんの出荷は、「早生みかん」が10月~11月、「普通みかん」が11月~12月、「貯蔵みかん」が1月~4月「ハウスみかん」が4月~9月に行われ、ほぼ周年行われています。
その中、JA東とくしま生比奈支所(勝浦町)では、「貯蔵みかん」の出荷時期を迎え、選果場の作業も忙しくなってきました。

「貯蔵みかん」は、高糖系品種の「古田温州」や「十万温州」などを使用して、2ヶ月程度貯蔵することで、酸度が適度に低下して甘みを増したみかんになります。農家は、みかんの状態や気温などを判断して、高度な貯蔵庫管理に努めています。

JA担当者の声:今年も、おいしい貯蔵ミカンが生産できました。

是非、店頭で徳島県産「貯蔵みかん」をお探し下さい。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。