1. 県産品応援キャンペーン

  2. 県産品情報

  3. 阿波ふうどスペシャリスト

  4. バイヤーの方々へ

  5. 生産者の方々へ

生産振興対策 生産者向け

「ブロッコリー」の視察研修に同行しました。

とくしまブランド推進機構は、「生産振興」「流通改善」「販路拡大」を活動の基本としています。この度、生産振興対策の一環として県外ブロッコリー視察研修に同行したので報告します。

平成29年1月24日(火曜日)、JA徳島市北井上支所ブロッコリー部会が香川県と岡山県のブロッコリー生産状況を学ぶため視察研修会を行い、生産者及びJA職員等29名が参加し熱心な研修会となりました。

JA豊中支店管内でブロッコリーの出荷調整作業をする人の様子を記載した写真です。
「出荷調整作業」の状況

JA香川県の「農作業支援」システムを視察しました。

JA豊中支店管内にで、150haのブロッコリーが栽培されています。「農作業支援」とは、JAが育苗業・定植作業・出荷調整作業を行う取組みで、生産者260名の大半が活用しています。

「農作業支援」のメリットは、香川県産ブロッコリーの「品質の向上」と「ブランド化」が図られる。生産者の「作業軽減」が図られる。生産者が栽培に専念して産地の規模拡大が図られるなど・・。その結果、香川県は全国3位の栽培面積となっています。(ちなみに徳島県は7位)

岡山県の(株)I LOVEファーム笠岡「以下:笠岡」を視察しました。

岡山県の株式会社IlOVEファーム笠岡で視察を行った際に話を聞く生産者の方たちの様子を記載した画像です。
熱心に話しを聞く生産者

「笠岡」は、岡山県の笠岡干拓内で営農する大規模農業法人です。地区内で農地100haを所有し120haのブロッコリーを栽培しています。「I LOVEファーム」グループは、全国に5カ所(北海道、青森、長崎五島、宮崎)あり、グループ内で約700haのブロッコリーを生産し、大手量販店等に国産ブロッコリーの周年供給を行っています。

※「県内に類のない栽培方式と、大規模な圃場(1区画10ha)」

※「初夏どり品種の育苗風景」

ブロッコリーの品種、恵麟の苗が沢山並んだ様子を記載した画像です。
品種「恵麟(ケイリン)」一本!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。