1. 県産品情報

  2. 阿波ふうどスペシャリスト

  3. バイヤーの方々へ

  4. 生産者の方々へ

消費者向け

みまからフランクと鯛めしをお取り寄せ!阿波ふうどで夏の暑さを乗り切ろう

今年は梅雨入りが遅く、爽やかな気候が続いた後に急に暑くなったので、すでに夏バテしそうです。
暑いとキッチンで火を使うのも億劫になりますよね。今回は、簡単に作ることができ、暑い夏も元気に乗り切れそうなお取り寄せ品を頼んでみました。

辛い!でも旨味ぎっしり!みまからのフランクフルト

徳島県美馬市でしか作られていない、辛くて旨い「みまから唐辛子」。
みまから唐辛子と、徳島が誇るブランド豚「阿波美豚」がコラボして作られた『みまからフランク』をお取り寄せしてみました。

みまからフランク冷凍状態
みまから唐辛子と阿波美豚で作られた「みまからフランク」

商品と一緒に入っていたおすすめの食べ方の通り、お湯でボイルしたあとフライパンで皮がパリッとなるように焼きました。

焼いたみまからフランクとレタス
ボイルして皮をパリっと焼いたみまからフランク!

実は私、みまから初体験。辛いものは好きですが、どれぐらい辛いのか?と少しドキドキしながら一口。

辛い!でも美味しい!辛さだけが勝つわけではなく、辛さの中にしっかりと旨味を感じられました。
1本100グラムという結構なボリュームでしたが、豚肉がくどくなくペロリと食べました!

ビール好きの方は是非ともビールとともに食べることをお勧めします!(私はビール飲みつつ食べました!) アウトドアやバーベキューで焼いて食べるのもおすすめ。

みまからフランクはこちらから買えます。
https://www.mimakara.com/SHOP/mkF002.html

手軽に鯛の旨味を味わうことができる鯛めし

もうひとつお取り寄せしたのが、徳島県産の鯛を使用した鯛めしの素です!
鯛めし、美味しいのですが、なかなか気軽に食べられませんよね…

そこで見つけたのがこちら。

徳島天然鯛鯛めしの素のパッケージ写真
鯛めしの素!水なしでつくることができます

作り方はとても簡単で、洗った2合のお米にお出汁と鯛の切り身を入れて炊飯器のスイッチをオン!水もいりませんでした。

炊飯器にお米とだし汁と鯛を入れている
炊飯器に入れるだけでOK!

炊いている間から、すでに出汁のいい香り!
炊き上がったら鯛の身をほぐして混ぜます。鯛と出汁の香りに、子供たちも「今日のご飯なにー?」と聞きに来ました。

できあがった鯛めし
とっても簡単に本格的な鯛めしができました!

器にたっぷりよそっていただきます!
鯛の身はふわふわ、ご飯にはお出汁がしっかり染み込んでいました!子どもが食べるので三つ葉は乗せなかったのですが、三つ葉を混ぜると暑さで食欲のない時にもぴったりだと思います。

鯛めしのもとはこちらから購入できます。
https://www.sawa-food.shop/items/6242ba5fbfe68b08ebdbd955

今回お取り寄せしたみまからフランクと鯛めしは、家庭であまり手を加えることなく気軽に楽しめるので、お中元や贈り物にもぴったりですね。

年々暑さが増して夏が長くなりますが、徳島の美味しいお取り寄せを食べて暑さを乗り切りましょう!

am

パンにお好み焼きにうどん、粉もんを愛する2児の母。
自分の時間が少しできたので、フィルムカメラのNATURA CLASSICAでまた写真を撮っていきたいなと思案中。
ブロガーとして記事も書きますが、こちらのブログのディレクションもしています。
皆様からのコメントにも私からお返事させてもらいますので、どうぞよろしくお願いします!

関連記事

最近の記事

  1. 絶品!地元徳島のお取り寄せスイーツ

  2. 暑い夏を楽しむ阿波ふうど~ゆずシロップとDMV…

  3. みまからフランクと鯛めしをお取り寄せ!阿波ふう…

  4. とくしま特選ブランドを味わおう!伝統黒米「弥生…