1. 県産品情報

  2. 阿波ふうどスペシャリスト

  3. バイヤーの方々へ

  4. 生産者の方々へ

消費者向け

肉屋・魚屋・レストランも!盛り沢山の産直市「みはらしの丘あいさい広場」

みはらしの丘あいさい広場とは

2018年にリニューアルオープンした、小松島市にある県内最大級の産直市。2006年に開設され、JA東とくしまが運営しています。
場所は、国道55号線沿いにある赤石トンネルそばの丘の上にあります。
名前の通り、小松島市を一望できる見晴らしの良い丘にあります。

みはらしの丘あいさい広場
https://www.ja-higashitks.com/aisai/

あいさい広場の入り口の外観

あいさい広場の入り口

土日は特にお客さんが多く、活気があります。
私自身は、平日も土日も11時以降しか行ったことがないのですが、既に人気の商品は完売していたり、購入されるお客さんの行列ができていたりしました。
曜日に関わらず、早い時間帯の方が品揃えは良さそうです。(ちなみに産直市の開店は、朝8時30分です。)

あいさい広場内の様子

野菜や果物、加工品がずらりと並ぶ

野菜がたくさん並ぶ棚の様子

トマトやさつまいもがたくさん並んでいます

旬の採れたて野菜、加工品がずらりと並んでいます。例えば鳴門金時1つとっても、何列も陳列されているのでどれを買おうか迷ってしまうほどです。

対面販売の魚屋と肉屋もある!

この産直市の中には、対面販売の魚屋も肉屋もあります。
魚屋では伊勢海老、サザエが、豪快に陳列。スーパーではこんなに県内産の魚介類が集結しているところは少ないのでは?お刺身やにぎり寿司も販売されています。

魚介類のコーナーに伊勢海老やイカが並んでいる

伊勢海老やイカ、ワカメも並ぶ魚介類コーナー

肉屋は、魚屋のお隣。阿波牛、阿波尾鶏などのブランド肉も陳列されています。今回の取材で初めて知ったことなのですが、肉屋のお惣菜も人気みたいです。土日に伺った時に長い行列ができており、知りました。
私も「阿波尾鶏の唐揚げ」に惹かれて並んでみたのですが、私の番には売り切れでした。(涙)

肉屋のコーナーにコロッケが並んでいる

肉屋さんにはコロッケも並んでいます

野菜や果物が充実したベーカリー・レストランも併設

「阿波ふうど繁盛店」も2店併設されています。1店は「あいさいベーカリー」、もう1店は「あいさいキッチン」です。

「阿波ふうど繁盛店」とは?
https://awa-food-tokushima.com/archives/shop_category/restaurant_tokushima

「あいさいキッチン」は、可愛いかかしが目印のレストラン。野菜と果物がふんだんに使われた季節のメニューを食べることができます。大きな窓があり、見晴らしの良い景色も満喫できます。産直市では、このあいさいキッチンで作られたお惣菜も販売されています。

レストラン「あいさいキッチン」の入り口

あいさいキッチンには色々なメニューが!

配送や移動の嬉しいサービスも

2021年秋からは高速バス乗り場も併設されたのだそう。県外からのお客さんもアクセスしやすくなったそうです。
お届けコーナーもあるので、観光客の方はもちろん、地元の方は県外の知人へのギフト発送などにも活用いただけます。
有名銘菓や地元スイーツ店などの商品も販売されているので、私もここで県外の友人へのギフト選びをしてもいいなぁと思いました。沢山あって迷いそうですが・・!

宅配や包装をしてもらえるサービスカウンター

お土産やギフト発送にも対応するお届けコーナー

 

買い物に、食事に、ギフト発送に、軽く半日は時間をつぶせそうな産直市。フードコートもあり、そこには小さなキッズスペースも併設されているので、お子様連れのファミリーに安心して利用できる施設です。

コロナ禍で遠方へ旅行しにくい今こそ、ぜひご家族や友人とのお出かけ先としてぜひチェックしてみてください!

ひとじゃが

徳島へ来て2年。家庭菜園歴1年ちょっと、子育てで半年ブランク有りだか復活を思案中。最近は、ほとんどグリル料理かスープ。出没ポイントは、乗り物カートの有るショッピングセンター、産直市。幼児デビューした1児の母。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 子供たちがご飯をモリモリ食べる、春キャベツとハ…

  2. 食感と磯の風味が抜群!徳島の鳴門わかめ

  3. 徳島の漁師がお勧めする漁師飯パート2 、一度は…

  4. 徳島県産「春にんじん」の美味しさに隠された秘密…