1. 県産品応援キャンペーン

  2. 県産品情報

  3. 阿波ふうどスペシャリスト

  4. バイヤーの方々へ

  5. 生産者の方々へ

生産振興対策

「加工用ザーサイ」の産地・生産者を求めています!

一般的にザーサイは輸入品目で手頃な価格で販売される品目でしたが、最近の「国産漬物」ブームにより、国産ザーサイの生産が求められています。

  • 納入先の「遠忠食品」は、日本橋に本社を持つ佃煮・惣菜製造の専門店で、埼玉越谷の工場で直火釜による佃煮・惣菜の製造を行う、創業103年の老舗です。
  • 約20tの供給を求められています。(買取り条件は別途)

今シーズンは試験栽培として数量契約は行なわない予定。

  • 県内での栽培事例が少ないことから、本県にあった栽培技術の確立に向けた取組が必要です。
  • 基本的には、「夏まき冬どり栽培」
    播種方法、施肥量、肥大特性などについて、農林水産総合技術支援センターを中心とした技術確立が必要です。
  • 種子は加工実績のある品種を使用します。
    「増田採種場」http://www.masudaseed.co.jp/company.html

生産者側のメリット

  • 収穫作業も容易で、収穫期間も長い露地野菜。
  • 加工用野菜としては生産量が少なく有望な商品と考えられる。

栽培に意欲的な産地や生産者を、ご紹介ください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。