1. 県産品情報

  2. 阿波ふうどスペシャリスト

  3. バイヤーの方々へ

  4. 生産者の方々へ

生産振興対策 生産者向け

「源平いも」の増産に向け活動開始!

徳島県西部「にし阿波地域」で、特産品「源平いも」の増産に向け活動しています。

剣山周辺に広がる「にし阿波地域」が、「食と農の景勝地」と「日本農業遺産」の認定を受け注目されています。
「食と農の景勝地」はインバウンド需要を農村に呼び込む仕組みとして、「日本農業遺産」は将来に受け継がれるべき伝統的な農法として認定されました。

紅・白の「源平いも」の写真
紅・白の「源平いも」

その中、「源平いも」はジャガイモの一種で引き締まった食感と素朴な味わいが人気で、古くから「にし阿波地域」で栽培される特産品となっています。

「源平いも」の食べ方は、煮込んでも煮崩れしない特長を活かした「おでん」や、味噌を塗りとろ火であぶった「田楽:でこまわし」として親しまれています。

しかし、傾斜地での栽培ということと、生産者の高齢化や担い手不足などが加わり、「源平いも」の生産量は年々減少しています。

傾斜地で栽培をしている風景の写真
傾斜地の栽培風景

そこで、JA阿波みよしと三好農業支援センター、とくしまブランド推進機構では、「源平いも」増産に向け取組んでいます。
栽培実証は、三好市三野地区で農地開発した約15aの圃場で、初めて「源平いも」を作付けし、夏の収穫期が待たれます

今後も継続して各団体と連携し、生産から販売までトータル的にサポートしていきます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。