1. 県産品情報

  2. 阿波ふうどスペシャリスト

  3. バイヤーの方々へ

  4. 生産者の方々へ

消費者向け 日常

【夏ギフト】徳島のオススメのお酒、鳴門鯛の水ト米(純米原酒)

お暑うございます。ほんっとに暑い・・。ジリジリと照りつける太陽と蝉のBGMがいよいよ夏の盛り上がりを演出してくれています。夏もピークになってきました。

暑い夏を少しでも乗り切るためにと、見た目にも味も、夏らしいものをいただきたい今日この頃です。

ワイングラスが似合う日本酒が徳島にはあるんです

こんなにもワイングラスが合う日本酒があるんだなと、これはある意味、危険な部分もありまして。そうです、口当たりが良くてクイクイと進んでしまうのです。

もったいぶりました。商品名は、鳴門鯛の純米原酒、水ト米。

ラベルがかっこいいです。味見だけと思いましたが、美味しいすぎたので夜中に魚を焼きました

https://www.narutotai-sake.jp/SHOP/128489/list.html

「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」はフランス開催 Kura Master2019 純米酒部門でプラチナ賞・TOP5を受賞しました。 Kura Master2019 受賞式に出席いたしました!

https://www.narutotai-sake.jp/SHOP/128489/list.html
繊細な味を楽しみたくてうちで一番良いシャンパングラスを出しました^^

淡麗辛口な味わいもですが、ラベルのかっこよさが食卓にもキリッとした印象を与えます。

夏の暑さに自家製味噌とピーマンをキンキンに冷やしたパリパリピーマンを添えて。

パリパリピーマン、とは、最近私の周りで流行ってるピーマンを手でちぎって氷水に冷やした生ピーマンをパリパリと味噌やコチジャンをつけて食べるレシピを書こうと思ったけど、メモで終わっちゃうやつです。

カラッと軽い口当たりで魚介類はもちろん、徳島の旬の野菜やチーズにも合わせやすいと言った印象で、ギフトにもピッタリです。鳴門本家松浦酒造さんのサイトのご紹介です。

https://narutotai.jp/

https://www.narutotai-sake.jp/SHOP/103733/list.html?utm_source=shop&utm_medium=baneer&utm_campaign=top_l_summergift

鳴門本家松浦酒造さんのサイトのご紹介です。蔵で行ってる”たちきゅう”というイベントも機会があったらぜひ、参加してみてください。

水ト米は”たちきゅう”でもいただけます。たちきゅうって?

「たちきゅう」とは、いわゆる立ち飲みのことで、「立ったまま、きゅうっとやる」ことが語源。 プレミアム限定酒、季節ごとの旬の酒、日本酒カクテルなど、充実したお酒のラインナップが魅力的な本イベント。 ノンアルコールドリンクも用意しているそうです。 ピアノや馬頭琴、ファゴットなどのミニコンサートも行われるとのこと。

https://jp.sake-times.com/special/press/p_tachikyu_2018-1#:~:text=%E3%80%8C%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%8D%E3%82%85%E3%81%86%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81,%E8%A1%8C%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%80%82

たちきゅうイベントの情報は鳴門本家松浦酒造鳴門鯛の公式Facebookページから得ていまして、

こちらをフォローしておくこともオススメします。

https://www.facebook.com/narutotai/

家で徳島の旬の野菜や魚などをいただきながら、徳島の器に入れたお料理に徳島のお酒で味わう。そんなマリアージュ(組み合わせ)を県外の人にもお伝えできたらと思います。

機会があれば、ぜひ鳴門本家松浦酒造の蔵びらきや、たちきゅうにも来てくださいね。

秋には秋ならではひやおろしも楽しみです。また秋にお酒のネタ、書きたいと思います。

https://www.gnavi.co.jp/dressing/article/21881/

ゆかりん

野菜が好きすぎて週末は通い農家歴10年目以上。ストレス発散は料理。一心不乱に野菜を切ることがマインドフルネス。最近の趣味は漬物つくりとホットクックで作る無水調理。出没ポイントは問屋町の日曜市。我が道ゴーイングマイウェイな2児のママ。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 食べに行きたい徳島キャンペーン開催中!

  2. 阿波ふうどフェスティバルを開催します!

  3. ローカルの食の魅力を発信!「美味しい!」を伝え…

  4. はこだてグルメサーカス2022へ初出展!