1. 県産品応援キャンペーン

  2. 県産品情報

  3. 阿波ふうどスペシャリスト

  4. バイヤーの方々へ

  5. 生産者の方々へ

生産振興対策 生産者向け

スマート農業研修会(現地検討会)が開催されました。

(文責:佐藤マネージャー)

水稲栽培における新技術として、(株)中四国クボタの技術者による同社のスマート農業技術紹介(自動運転トラクター、田植え機、コンバインの開発状況)と、阿南農業支援センターによる実証試験実施報告として「WATARAS」の活用事例紹介と現場での操作実演がありました。
「WATARAS」では、手持ちのスマートフォンで水田の水位監視と給排水が遠隔操作で可能となり、圃場への移動や作業時間、労力の短縮削減、品質向上や営農計画の判断材料に活用する為のデータ集積が行えます。
この様な技術を含め昨今、ICTやロボット、AIなどを活用した、超省力化や高品質高生産を可能とするスマート農業の研究開発が行われています。農業を取り巻く環境の変遷はめまぐるしく、新技術導入に向けた検討が今後重要になると思われます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。