1. 県産品応援キャンペーン

  2. 県産品情報

  3. 阿波ふうどスペシャリスト

  4. バイヤーの方々へ

  5. 生産者の方々へ

生産振興対策 生産者向け バイヤー向け

前回(昨年12月)に続き、ほうれんそう調整機が実演されました。

徳島県のほうれんそう栽培はピーク時に一千haを超す栽培面積がありましたが、生産者の高齢化や出荷調整作業の負担、気象災害の発生などによって栽培面積が減少しています。
そこで、出荷調整作業(下葉取り、根切り)の軽減を図り、面積の維持拡大に繋げるため「ほうれんそう栽培省力機械化検討会」が開催されました。

クボタ担当者から説明を受けている様子
クボタ担当者から説明

前回(昨年12月)には、ほうれんそう調整機「株っこクリーナー」の実演が行われました。
今回は、農研機構と(株)クボタが「株っこクリーナー」をベースに、「作業スピード」や「作業精度」を改善した、発売前の「新型ほうれんそう調整機」が持ち込まれました。

ほうれんそう調整機「株っこクリーナー」を熱心に見ている参加者の様子
熱心に見学する参加者

説明会では、(株)クボタの開発担当者の方から

  • 「作業スピード能率」:最大1,800株/時(2人作業)現行機と比べて150%向上
  • 「下葉取り作業精度」:90%以上、現行機と比べ10%向上

など、改良点の説明を受けました。

実演会では、県産ほうれんそうを使い調整作業の実演をしました。
今後の予定は、モニターテストと品質評価試験を重ね、早ければ今秋から販売見込みです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。