1. 県産品応援キャンペーン

  2. 県産品情報

  3. 阿波ふうどスペシャリスト

  4. バイヤーの方々へ

  5. 生産者の方々へ

生産振興対策 生産者向け

国産ザーサイ栽培3年目を迎え、今年は生育順調です!

国産ザーサイ栽培は、平成28年から鳴門藍住農業支援センターとJA板野郡、上板町など関係機関が連携して取り組み、今年度は栽培面積42a(農家数5戸)で試験栽培をしています。

昨年の作柄は良くありませんでしたが、今年は順調に生育しており1月に収穫予定です。
新たな加工用野菜として定着できるよう、関係機関が産地づくりに取り組んでいます。

平成30年産ザーサイの生育調査結果
・平均草丈:53.5cm
・平均茎径:5.8cm
・平均個重:136g
(12/19:支援センター調べ)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。