1. 県産品応援キャンペーン

  2. 県産品情報

  3. 阿波ふうどスペシャリスト

  4. バイヤーの方々へ

  5. 生産者の方々へ

生産振興対策 生産者向け

「ほうれんそう被覆栽培」で生育が促進しました。

被覆栽培の状況の様子
被覆栽培の状況

本県の主力品目であるほうれんそうは、9月頃から本格的に播種作業が開始されますが、最近この時期の”秋雨”によって、播種作業の遅れや生育に影響が出ています。
平成29年9月~11月の気象データでは、降雨日数が30日で、雨量10mm以上日数が14日あり、ほうれんそう出荷量にも影響を与えました。

そこで、徳島農業支援センターとJA徳島市の協力で、ほうれんそうの生育促進を目的とした有孔被覆資材「ユーラックカンキ」を使った実証展示圃の結果について報告します。

農家名:大寺さん(徳島市国府町)、品種:「フロースト」
播種日10月5日、被覆期間11月29日から(17日間)、調査日12月15日

区分草丈(㎝)株重(g)10a収量商品化率
ユーラック被覆区19.317.3644kg71.7%
ポリ被覆区18.917.4445㎏62.2%
対象(無被覆)区16.012.926kg31.5%

農家の意見「生育は約10日早く」、「収量・品質も良かった。」

今作のほうれんそう産地では、実証展示圃以外にも「被覆したほうれんそう圃場」が散見されました。
「ユーラックカンキを使った被覆栽培」は、気象災害を軽減する栽培技術の一つとして定着すると思われます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。