1. 県産品情報

  2. 阿波ふうどスペシャリスト

  3. バイヤーの方々へ

  4. 生産者の方々へ

生産振興対策 生産者向け

トンネル栽培で「ほうれんそう」の生育促進を目指しました。

ほうれんそうの被覆栽培風景
被覆栽培風景

秋冬野菜の播種や定植作業は、9月頃からが本格的に行われます。
本年は、9月~10月に雨が約30日間降り、雨量10mm以上の日は12日を数え「ほうれんそう」の播種作業に影響を与え作業が遅れました。
そこで、「ほうれんそう」の生育促進を目的に、有孔被覆資材「ユーラックカンキ」を使った現地実証ほを設置しました。
徳島農業支援センターの協力で調査した結果を報告します。

5つの青いケースに分けられたほうれんそう
上:調査区

農家名:吉岡さん(名西郡石井町)、品種:「牛若丸」
播種日10月7日、被覆期間10月17日から(28日間)、調査日11月17日

区分草丈cm葉長cm葉幅cm葉色10a換算量
調査区29.011.96.142.3776.3kg
対象区22.211.16.049.4258.8kg

調査区は、”収量は多かった”が、”やや色淡く”、”徒長気味”であった。
農家の意見「収穫は1週間以上早まったが、茎細く出荷量は少なかった。

「ユーラックカンキ」を使った被覆栽培は「ほうれんそう」以外に、「菜の花」でも取り組んでいます。
気象災害に強い葉物野菜産地の強化に向け活動継続中です!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。